「リサイクル できることからはじめよう」

ごみゼロ社会を目指して

Pocket

  • 増え続けてきたごみ

    昭和30年代(1955~64年)には年間約600万tだった家庭からでるごみが、昭和60年度前後から急激に増加し、平成12年度(2000年)には一年間で約5483万tとなりました。ごみの量は、これをピークにして8年連続で減少傾向にあるとはいえ、平成24年度(2012年)には一年間で約4522万tのごみを出しており、これはみなさん1人あたり年間約351㎏、一日平均にすると約963gのごみを出している計算になります。

    詳細はこちら

  • 食品ロスについて

    食品ロスについてまだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間500万トン~800万トンにも上ります。

    詳細はこちら

  • リサイクル法とは?

    増えたごみをわたしたちみんながそれぞれの責任を果たすことで、ごみを減らし、ごみを資源として循環させることが出来ます。このシステム(循環型社会)を機能させるために、さまざまなリサイクル法が定められています。

    詳細はこちら

  • 特定容器包装

    家庭から出るごみの約60%(容積比)を容器包装類のごみが占めています。この容器包装類のごみを資源に変えるためには、分別収集が必要です。この分別収集の対象となる容器包装を「特定容器包装」といいます。

    詳細はこちら

  • 分別後のごみはどうなる?

    稲美町・播磨町のごみはどこに運ばれ、どのように処理されているのでしょうか。混ぜて捨ててしまえばただのごみですが、分ければ資源として再利用できます。

    詳細はこちら

  • 個人個人の役割

    ものの使い捨てを無くし、資源を大切に使う、環境にやさしい生活を始めてみませんか。(5R生活)

    詳細はこちら

  • クイズで覚えるecoコーナー

    リサイクリンちゃんといっしょにクイズにチャレンジして、楽しくリサイクルを学ぼう。めざせリサイクル博士!

    詳細はこちら