「リサイクル できることからはじめよう」

食品ロスについて

Pocket

まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間500万トン~800万トンにも上っています。日本人1人が、毎日おにぎりを1~2個分を捨てていることなります。これは、日本でのコメの年間収穫量(平成27年度は約800万トン)に匹敵し、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた食料援助量(平成26年で年間約320万トン)を大きく上回る量です。
無駄な買い置きや作りすぎ、または賞味期限が迫っているという理由だけで、まだ食べられるのに大量に食料を捨てているという現実があるのです。もったいないと思いませんか。
例えば、スーパーで買い物をするときに、無意識に賞味期限の少しでも長い物を棚の奥から選んで買っていませんか。食品業界では、賞味期限までの期間の3分の1を過ぎた商品は、売れないため捨ててしまうという商習慣があるそうです。ほんの少し賞味期限が短いからといって、誰も手に取らなくなった食材は、処分されてしまう可能性が高まるのです。
このような食品ロスを減らすために、食べ物をもっと無駄なく、大切に消費していくことが必要です。

foodloss


詳しくはこちらへ⇒食品ロスについて(「政府広報オンライン」へのリンク)