「リサイクル できることからはじめよう」

個人個人の役割

Pocket

ものの使い捨てを無くし、資源を大切に使う、環境にやさしい生活を始めてみませんか。(3R生活)

リサイクルをすれば…
  • (1)1年分の新聞(およそ70kg)で、高さ8メートルの木を1本半分切らずにすみます。
  • (2)牛乳パック30枚で、トイレットペーパーが5個できます。
  • (3)アルミ缶1個で、40ワットの電球の8時間分の電気が節約できます。
  • (4)タンスの奥に眠っている古着は、ウエスとして再利用や古着として輸出されます。
3R生活とは…

Reduce » ごみになるものを減らそう。

  • レジ袋を受け取らなくてもよいように買い物にはマイバック(買い物袋)を持参しよう。
  • 必要のない包装やサービスでくれる割りばしやスプーンなど不要なものは貰わない。
  • 本のカバーなど要らないものは貰わない。
  • 新しいものを購入する時には、よく考えて必要なものを必要な分だけ購入する。
  • 詰め替え商品や、量り売りばら売りの商品を選んで、余分なごみが出ないようにする。
  • まだ使えるものを途中で捨てずに、最後まで使い切るようにする。
  • 生ごみの70%以上は水分です。出来るだけ水切りをする。
  • 出来るだけ生ごみを出さないよう作り過ぎや調理方法を工夫する。
  • 生ごみは、コンポストなどの堆肥製造機を利用して自然に還す。
  • 長く使えるものを購入する。
  • 広告の裏などをメモ用紙に使う。
  • コピーは必要部数のみにして、両面コピーを心がけましょう。
  • ペーパータオルなどの使い捨て商品は避ける。コーヒーフィルターも繰り返し使える布製を選ぶ。
  • アルミホイルのムダ使いは避ける。(20gでアルミ缶1個分)

Reuse » 何度も繰り返し使おう。

  • フリーマーケットなどを活用して、使わなくなったものを誰かに使ってもらう。
  • 容器に入ったものを購入するときは、繰り返し使えるリターナブル容器のものを優先的に購入する。
  • 捨てる前に、他の用途に使えないか考える。
  • 電化製品や家具、おもちゃなどが壊れても修理や部品交換して長く使う。

Recycle » リサイクルしよう。

  • 牛乳パックなどの店頭回収や市町の分別収集に協力する。
  • 資源ごみとして出す容器などは、リサイクルしやすいように洗う。
  • 再生紙を利用した紙を使う。
このほかにも、次のようなことを心がけ、エコライフを実践してみよう。
エアコンは、冷房時は28℃、暖房時は20℃を目安に。フィルターはまめに掃除し、保温効果を上げる為にカーテンやブラインドはしっかり閉めましょう。
  • 冷房時に1℃冷やしすぎ、

         暖房時に1℃暖めすぎると、

         1年間で1,580円のムダ
  • 季節外のコンセントの差しっぱなしで、

         1年間で480円のムダ
  • 使用時間を1日1時間短縮すると、

         1年間で1,180円の節約
冷蔵庫は、冷蔵効果を高めるために開閉の回数を減らしましょう。ものを詰め込みすぎず、冷凍庫の霜取りをまめに行ないます。冷蔵庫の周囲にはすき間を開けておきます。
  • 1日に10回余計に開閉すると、

         1年間で390円のムダ
  • 詰め込みすぎで、

         1年間で190円のムダ
テレビは、つけっぱなしにせず、見たい番組だけ見るようにしましょう。音量や明るさを適正に。
  • 1日1時間つけっぱなしで、

         1年間で220円のムダ
照明器具は、家族が同じ部屋に団らんし、誰もいない部屋の照明はまめに消しましょう。
  • 1日1時間つけっぱなしで、

         1年間で350円のムダ
炊飯ジャーに長時間ご飯を保存しておくと、多くの電気を使用するだけでなく、味も落ちてしまいます。電子レンジで暖めなおすほうが、省エネになり、おいしさも保てます。
  • コンセントの差しっぱなしで、

         1年間で730円のムダ
こたつの設定温度を高から中にする。
  • 冬の間で980円の節約
掃除機のフィルターをこまめに掃除する。
  • 1年間で430円の節約
白熱灯を蛍光灯に取り替える。
  • 1つ取り替えると、1年間で740円の節約
お風呂は続けて入るように心がける。
  • 1年間で3,120円の節約
食器洗いの時の温度

40℃から30℃に下げる。
  • 1年間で3,490円の節約
トイレのタンクにペットボトルを沈める。
  • トイレで使われる水の量は1日1人約45リットル。

         1年間で240円の節約
ガス機器は、熱効率の良い鍋を選び、底についた水滴はふき取ってから火にかけます。炎が鍋の底より大きくならないようにします。
シャワーは、体を洗っている間は止めましょう。風呂の残り湯は、洗濯や庭の水やりに使いましょう。
  • 残り湯を洗濯に使うと、

         1年間で700円の節約
油の後始末はきちんとする。
  • 台所から流される食用油は水質汚染の大きな原因です。油500mlをそのまま水に流した場合、魚が棲める水質にするには300リットルの風呂桶約330杯分の水が必要です。
シャンプー洗剤などは適量以上使わない。(多く使っても洗浄効果は変わらない)
米のとぎ汁は養分を含んでいるので、植木などの肥料にする。
自動車では、乱暴な運転や、アイドリングをやめるなど、排出ガスの少ないエコ・ドライブを心がける。